□国道が水没し、「西新山沼」が誕生
消防本部に面した国道230が隆起して、片側1車線の姿は残されているが、国道の先が陥没し、噴火以降に「西新沼」が誕生した。
雨水など水量が増え水面が上昇すると消防本部の1階部分が浸水してしまう。
「西新沼」の周辺に国道標識がそのまま残されている。国道230はしっかりその姿を留めているが、その先は雑草が生い茂り、その
まま進めばたちまち沼にダイビングしてしまう位に大きく変ってしまった。
「ザ・ウインザーホテル洞爺」の案内板が既に閉鎖された道沿いに立っている。ウインザーホテルは標高625メートルの
ポロモイ山の頂上にあり、東に洞爺湖、西に内浦湾を見下ろす立地である。当地から右回りに迂回し17qにあることが
生生しく伝えている。
この案内看板に従って、多くの車両がホテルに向かった、痕跡がそのまま残されている。
沼地にその車に近寄ってみる。震災報道にレンタカーを借りて、危険を省みず、噴火現場に近接した報道にかけた
記者魂に燃えた記者と伝えられる。身の危険から車を放置までして、果敢な敢闘した報道成果は如何なものであった
ろうか・・・。
水面が上昇すれば、完全に水面下に没する、過酷な環境下に車は押しつぶされていたが、尚堅牢な姿を留めていた。
◇放置された車
「西新沼」に取り残された建造物の一つ、共同トイレが、赤い屋根とコンクリートの壁が、水面に半分没した姿が見届け
られた。周辺の散策に訪れた観光客の姿が伺われる。
「西新沼」に取り残された1台の乗用車。噴火震災に遭遇、慌てて車から脱出、車を放置して被災から逃れた様子が当時の
激しかった様子を物語っている。物理的引揚げ可能であろうが、既に価値のない産業廃棄物として放置されたままである。
当時の惨状を語り継ぐ、役割を果たしている。
<<戻る 次へ>>