あの北朝鮮局と交信の模様
11月 12日(水)日本時間13時12分、殆ど時差がないので、恐らく先方の昼休みの
時間だろうか?
北朝鮮のP5/4L4FNがCQ呼び出しをしているのが偶然に聞こえ、あっつ!
あの噂のP5(北朝鮮)だと気づき緊張感が走った。
声もうわずっていたが、こちらから呼びかけたら即応答があった。
その時は国内局は余り、気づいて居なかったのか当局他数局のみの呼び
かけに幸運にも、一発で当局(JA1BYP)を拾ってくれた。
コールサインの確認と、Reportの交換で向うから当方からの電波は明瞭度"5"
信号強度"9over +20db"で平壌に大変強く届いている旨のReportを受け取る。
型通りのReport交換を終わった。
国内で待機されてる局が多分大勢聞いているだろうと思ったが、当局が交信を終わった
瞬間、予想通り国内局が一斉にP5を呼び出し物凄い怒パイル(怒号の渦)が始まった。
この皆が呼びかける怒パイルの入る僅かな時間に当局が交信出来た、ことは
全くの幸運であり、全世界の各局が呼び出しの中で既に勝ち取った(交信した)者に
のみに味わえる勝利の瞬間に酔っていた。
P5(北朝鮮)は高望みの存在
これまでP5(北朝鮮)についてはその存在を知っていたし、過去にも交信の機会は会ったが、全世界でも注目の運用局であった。
P5が出ていても、全世界相手にエリア指定で日本以外の局を指定されヨーロッパやアメリカ局が交信していたり、順番待ちで日本の出番
があっても、この交信の機会に出遅れたり、パワーの差で海千山千の国内局や海外局に奪われ、交信の機会は殆ど無く、
当局の虚しいコールサインの連呼に留まりP5の交信は諦めていた。
従って、当日の交信はとてもハッピイであった。
11月12日のDX運用記録
当日の交信記録(ハムログより)
当日の運用記録より、昼過ぎにNorth Koreaを手始めに、
南米が開け始めArgentinaを立て続けに2局交信する。

暫く時間をおいて、日没近くになりヨーロッパについで
アフリカまで開け出し、21メガのバンドが賑やかになる。
ItalyのIK2IQD局のコントロールによる、日本向けサービス
でアフリカ、Nigeriaの5N6EAMとなんとか交信する。
こんなことは滅多にないが、アジア、南米、ヨーロッパ最後
にアフリカとまさに地球を駆けめぐった感じであった。
さてそのP5がある日、忽然と世界のうねりの中に消えていった。(物語が続く)
トップへ 次へ>>