数万年前の空気を飲む
「数万年前の空気を飲む」 の人を欺く様なタイトルに、某TVの××大作戦の類と疑念を持つ方も居られるかも知れないが、
この塊体との出会いに数万年前と言う、途方もつかない夢とロマンに包まれた世界に、触れてみた。
「何?! この訳の判らぬ、氷の塊が、数万年の歴史を語り継いでいるのかい」
そう、この氷の塊が歴史を語り継げ、鍵を握る物体なのである。
はてさてその氷の塊の正体は南極の氷である。
写真のように両手のひらに丁度乗るくらいの大きさの物を某所から、入手した。
四角く整形され、取り出した姿そのままで、丁寧に梱包されアイスボックス収容され、届けられ、その生の姿に
まるで金塊を見る様な気分で、目の前のその塊に思わず興奮した。
ぎっしり詰まった塊で透明感はまったくない白い結晶であった。
□氷の塊の正体は
□その正体を探ってみる
たかが一介の氷の塊ではないかと、思いつつその違いを見極めるべく、冷蔵庫で作られる人工的な氷と対比してみた。
グラスに塊体をいれるため、人口氷と南極氷を砕き、グラスの水中に落す。
その破砕で既に両者の差がはっきり現れた。
人口氷は簡単に砕けたが、南極氷は積雪が何万年かかって圧密されただけに、その塊は中々割れず、包丁如きで軽く
叩いただけでは弾きかえされた。
その様子を下の写真で比較してみる。
人口氷の塊は半透明の物体であるが、南極氷はご覧のように何れもガラス状の結晶である。
(slide- auto 写真2枚)
トップヘ 次へ>>
ホームページ