某交通社の観光旅行の企画で「奥能登 感動の旅3日間」に参加した。東京から能登まで長野新幹線、バスを乗り継ぎ
高岡から氷見まではローカル線の「氷見線」であった。
高岡迄はバス、「氷見線」で氷見迄行き、再びバスに乗り換える。そのままバスで行けるところをわざわざ乗換の煩わし
さを、伴いながらの、コースに設定であった。敢えて鉄道に乗り換える所に何かローカル鉄道ならではの趣を味わって貰
おうとする、交通社の意図であったように思える。
「氷見線」は北陸本線から分岐するローカル線のひとつであり、富山湾岸を走る僅か25分余りの短い距離であった。
生れて以来、太平洋岸に生息し、南北に伸びる国土で仕事に遊びに旅行先は殆どが太平洋側に限られていた。
日本海に出ることも珍しいが、海岸線を通る列車旅なんてのは想像するだけでわくわくしてくる。
能登半島を挟んで外浦と内浦があり、「氷見線」は内浦側にあり、富山湾に接する位置にある。奥能登方面には
ほんの入り口の氷見止まりである。
トップヘ 次へ>>
「ブリに乗った忍者ハットリくん」こんな楽しい車両も、路線で出会える氷見線である。
富山湾を疾走「氷見線」
一括見積り