「Hello New Year Party」
年末の大掃除もままならず、散乱する書類
に埋もれる机の上。
慌ただしく暮れ、身の回りを整理付かず
そのまま正月を迎え、頭の中と同じ環境だ。

僅かな空間を作り、リグに向かって
New Year Partyのコンテストに
参加する。

リグ操作、パソコンと手の届く範囲であるが
隣のパソコンを立ち上げ、「ハムログ」
のログ記録を打ち込ので結構忙しい。
google
毎年、欠かさず続けさせているのは1月2日、3日に行われる、このお正月コンテストである
何時もひっそりと、閑古鳥状態のバンドもこの日ばかりは特別な思いもあってバンドが賑やかである。
□毎年この時期を迎えると
最近、この時期を迎えると、正月の準備が煩わしいと言う、かみさんの願いもあって、暖かい伊豆方面に出て、のんびり
することが我が家に取って、せめてもの贅沢であった。
従って、慌ただしく旅行から帰って、残り数時間で駆け込み、最低ノルマである、20局ぎりぎりのQSOをかろうじてクリア
しているのが、実態である。
「この時期に何に取りつかれ、そんなものに執着持ってやるのか?」
「たかが干支のシール集め、少女趣味も良い所だ」・・・・と、かみさんになじられるが、この綱渡りは何とか続いている。
しかし、今年はその旅行を取りやめ、正月遠出は控えたので、時間に追われず、2日、3日とゆっくりとコンテストに参加
出来た。
□一過性のバンドの賑わい
年始を迎え新たな気分で挨拶する、古き良き、日本の伝統文化である、"年始廻り"、或いは"賀詞交換"を型通り、空の上で
行うものなのであろうか、普段出てこない局を含め、バンドは異常な賑やか振りである。
日頃のご無沙汰をせめてこの時期だけに挨拶し、一年後に再び会いましょうなんて、豪語する輩も見受けられ、何とも寂しい
限りであるが、大なり小なり皆同じような感じがする。

過去ログを見ると、やはり1年前、或いは数年前のNew Year Party以来なんてのが結構多く、型通りこの時期だけはやって
おく、日頃縁の遠いにわか信者が神社にお参りに行くのと同じなのかも知れない。
3日の21:00が終了時間であるが、賑わいを見せたバンドも見事なまでに引いてしまうのは誰でも感じる事では無かろうか。
まあ、事情があって切れそうなハムの世界、唯一の繋ぎ合わせ役がこのパーテイと思えばそれなりの役割を果たして居るでは
と思ってしまう。
トップへ 次へ>>