hf high bandはサンスポットナンバーが上がらず、DXも鳴かず飛ばずの未曽有の暗黒時代
に一向に先が見えず、トンネルに潜ったままである。
そんなことでhf high bandは中々QRV出来ないが、せいぜいDXのコンテスト位で、リグや
空中線の調子を確かめる淋しい運用になってしまった。
そんな中で唯一ハムを続けられる支えとなっている一つがこのNew Year Partyである。
正月元旦は卑しくも昼間から酒を飲める唯一の機会で、酒飲みにはたまらない年の始まりである。
まあ、元旦だけは何処の家でも同じ様に目の前の御馳走に箸をつき、心地よい酔いの中、
ゆっくり正月気分を味わい静かに正月を迎える。
2日、正月気分も抜けきらぬまま、新年のご挨拶と早早の賀詞交換を空の上で行うのである。
アマチュア無線をやっている、唯一の証として、年を通じてこの日だけしか出て来ない局も
かなり多く、普段アクテビテイの上がらない当局もそれに近いのかも知れない。

毎度のことであるが、普段閑古鳥状態のバンドもこの日だけは凄いラッシュで隙間のないぐらい
の混雑振りであるが、このコンテストが終わると同時に、潮が引いたように、元の状態に戻って
しまうのである。
当日の午後は恒例の如く、唯一我が家に家族や親戚が皆揃って新年のお祝いする日で、当日も
11人+ワン公1匹が集まり、1年を通じて一番賑やかな一日で無線如きに関わって居られない。
そんな背景から、僅かな寸暇を利用して、無線機の前に貼りついて、懸命にがなり、喚きともかく
目標の20局を何とかクリアした。
430mhz帯の隙間の無いバンドから、空きやを見付け、普段余り出した事のないCQに舌も、もつれ
危なっかしいオペレター振りであったが久しぶりのパイルアップを捌きながら、短時間で達成され
ホットした。
2009 New Year Party
トップへ 次へ>>
元旦はゆっくりと屠蘇でお祝い、ゆっくり休む
◇無線での賀詞交換
google