□釧網本線へ
釧網本線(せんもうほんせん)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)が運営する
網走駅と、東釧路駅を結ぶ総延長距離は166.2kmある地方交通線である。
釧網本線の終点は東釧路駅であるが、列車は根室本線 の釧路駅まで直
通する。
近年は沿線の豊富な観光資源を背景に、トロッコ列車(ノロッコ号)や蒸気
機関車牽引列車などの観光列車が通年運転されている。 沿線に観光地が
多いためか比較的団体臨時列車も多い。
路線は網走国定公園、オホーツク海、世界自然遺産を控える知床国立公園、
阿寒国立公園、釧路湿原国立公園など、それぞれ世界規模を含めた名だたる
一級公園を潜り抜ける贅沢な路線である。
トップヘ 次へ>>
開業は大正元年 (1912)と大凡1世紀を迎える歴史ある駅舎である。
網走駅は旭川駅と網走駅を結ぶ石北本線があり、もう一方は釧路駅と網走駅を結ぶ釧網本線があり、石北本線と釧網本線との
接続から乗換客もある。背後に網走国定公園を控え、網走湖、能取湖、サンゴ草、オホーツクの流氷の自然環境に恵まれ、網走
監獄など観光場所として人気も高く、観光客も数多く訪れる。駅舎には網走拘置所の建物をイメージした看板が準備され、記念撮
影が出来るなど、観光の目玉としている。オホーツク海に面し、夏冬通じて賑わいを見せる道東の代表的な駅の一つである。
□網走駅
2面3線の単式・島式の複合ホームで構成される。
かっては当駅から中湧別駅へ向かっていた湧網線は、0番のりばから発着したが、廃線となり現在は0番のりばは使用
されていない幻のホームである。
◇駅の構成
網走と言えば監獄と言うぐらいに、網走監獄の名が世の中に
知れ渡ってしまった。
監獄と言う暗いイメージが、付いて廻るが、むしろそれを逆手に
取って観光の目玉として、街ぐるみPRしている所に凄さと大事に
していることが感じられるある。
駅の表看板に一際目立つ赤レンガでイメージアップした網走監獄
が等身大で用意されてあった。網走観光記念に訪れたスナップ写
真撮影用に重宝し、観光PRに一役買っている。
◇網走観光の目玉
釧網本線を辿る
ファンデーション