2014年2月関東地方で大雪が降った。
すでに通り過ぎたことではあるが、近年経験したことのない異常な降雪であった。降雪のあった爪痕を対策に負
われた。記憶が消えない内に残しておきたい。
上空の寒気と、東日本の南岸を低気圧が発達しながら通過した影響で、関東甲信から東北地方を中心に記録
的な大雪となった。その降雪は2週連続、週末に襲ってきた。3月7日が一回目、14日から15日にかけて二回目
が降る。
特に二回目の多摩地域では40〜50pの記録と思われる。この豪雪に、同じ東京都でも奥多摩周辺では、道が
途絶え数日間孤立した。幹線道路はあちこちで遮断され、物流が途絶え、コンビニの食糧品の棚が空になり、
3年前のあの忌まわしき3.11地震を思い起こす天地異変であった。
□序章
「ああ雪だ!!」、普段、見ている世界が、久しぶりの雪景色で薄っすらであるが真っ白に塗り替えられる姿に何処か
別の世界に居るようで、新鮮な気分で迎えていた。
車道は未だ積もっておらず、柵近辺の縁部分にその姿が見える。線路の専用軌道はいち早く一面雪の世界に変
ってゆく。未だこの程度であれば順調に走る、JR中央線。目の前を風を切り、通り過ぎて行く姿が絵になる。
降り始めはこんな、姿で始まったが、よもやダイヤに影響する降雪になるとは思っても見なかった。
トップヘ 次へ>>
2週連続の大雪
一括見積り