現代ではインターネットを扱うには古色蒼然たるアナログ回線のISDNを2002年以来使い続けていた。
電話回線を主体に、ついでにネットに乗っかると言う感覚で64Kbpsの転送速度であっても、当初は特
に不自由は感じなかった。
その後、光が普及してきたが、高速化のメリットは理解しているものの、初期費用、月額費用、など考
えると、メールとネット接続の謂わば趣味の世界に投資は掛けられなかった。
所詮、趣味の世界に速さへの追求は判っていても、それ以上はかなわぬものでもあった。
<売りこみ攻勢>
何処から情報が入って来るのであろうか、拝宅がアナログ回線に取りつかれていることが、先刻ご承知
済みの様子である。そんなことから、あたかも世の中に乗り遅れているぞとばかり、光化の導入案内の
電話攻勢が銀バエの如く、やってくる。

しかし、そんなご案内も、「拝宅ではホームページで2個所のサーバーをそれぞれ約80MB既に使ってお
り、細切れにした膨大なファイルの引っ越しも、一縄筋にいかないよ」なんて話しをすると、それぞれ、光
化一本で洗脳されたオペレータも、それ以上に難破することが出来ずにたちどころに、引っ込んでしまう。

大型電器店で買い物ついでに、店員から、今、契約しなくても、是非光化の話しを、聞いて欲しいと、その
専用コーナに誘導される。かもが来たとばかり、専属のおにいちゃんが、待ち構え、とうとうと光のメリット
のご高説を賜る。
ここも、前述のサーバーの引っ越しの問題。現行のアナログ回線の複雑な料金体系から、光化された場
合の料金比較が見えなかった。などなど契約には踏み切れなかった。
<「じいじ、遅い」の声に背中押される>
日常のパソコン操作で、頻繁に行われるわけでは無いが、時には数メガ〜数十メガのファイル転送に
64Kbpsの転送速度の鈍行列車は1時間〜数時間で走らせることに、いささかのストレスも感じる様に
なった。
時々訪れる孫娘も、時代の流れに、乗りパソコンに向き合うことに驚きを覚える。我が家に来て何時も
自分の家で使っているゲームを検索で呼び出し、IDとPSWを入力し、鮮やかに画面を呼び出してしまう。
しかし、何時も光で慣れている環境から、ここに来て、アナログ回線では中々画面が出て来ず、何時出
てくるか判らない画面に、切れてしまい「じいじ、このパソコン遅い!!」なんて、言われてしまう。
そんなこともあって、遂に鈍行列車から光に乗り換えた。
トップヘ 次へ>>
光伝送システムの導入
一括見積り