◇突如の眼の災禍>
一括見積り
☆"見る"ことが突然劣化
普段、何ら不自由なく生活出来るのは親から授かる体であり、五感が機能していることである。生活の中で喜怒哀楽も
五感で感じるが、加齢と共に徐々に劣化していくが、その劣化も個人差がある。
その五感の機能のうち、一番大事な"見る"ことがある日突然、急速に劣化していることが判り驚いた。

☆先進技術も通じなかった
何時も健康体でありたいと、毎年人間ドックを実施し、此処のパーツを診断しているている。
しかし、今回はドックの網の目にかからず、予期し得ぬことであった。その心構えも出来ぬまま、専門医の人頼みで
救いの手を求めた。その手法として、先進技術を駆使し、実績豊富な病院に一縷の望を託したが、手遅れだったのか
復元することは難しかった。

☆同類の患者も多い
今回、紹介で総合病院にお世話になり、一通りの処置を実施したが、術後追われるように退院するが、直ぐにベットが埋
まり、同類の疾病で入院する患者さんの多さに驚かされる。
体感した黄斑変性は先進国に多く、国内でも患者の数は少数であったが、高齢者の増加や生活様式の欧米化により患者
の数も著しく増え、2007年度70万人とされている。
今まで認識なかったが、急速な機能劣化を伴い、大変恐ろしい病気と認識した。
トップへ  次へ>>