Windows7との別れ
◇時代ともに変わるWindows

(疑心暗鬼のWindows10立ち上げ)

各時代ごとに独特のWindowsのロゴが踊り、これらを踏まえ、今日に繋がっている。それぞれの時代を背負ったロゴに
思いれがあるが、注釈にある通り、各Windows単位で切り替えが行われている。新しい方式に漸く慣れ、使いこなして
いるが、それが瞬く間に変わってしまい、その都度色々の障害を抱え、スムースに行くことは無かった。

瞬く間に塗りかえられるロゴの姿にスピーデイに変わる技術進歩の速さを象徴するように感じられる。

パソコンに関わりを持ち、パソコンン運用を振り返ると、代々の遺志を継いでハードはすでに4代目になっている。
時代の先端走り、追いつめる結果、その間、Microsoft Windowsはなんと5代も変わっている。
設計思想が変わったパソコンを継続運用するためその都度高価なソフトを買い、その乗換に異質の世界に戸惑いながら、
何とか乗り換えてきた。
独特の世界を持った難解なWindows10を今回立ち上げた。・・・輩のサイトで Windows7から10へ で掲載
心配をよそにやはり、色々問題が山積した。
①Windows7からWindows10の根本的な使い方の違いや明らかに欠陥も見え、7から10への切り替えは人縄筋にはいか
なかった。
②Windows10の乗り換えに関わるネット上の情報をかき集め、頑張るも限界もあった。
③解決の道に迷い込み、パソコンに関わる専門業者の支援を仰ぎ、到達点が不透明ながら、何とか目指すゴールに辿り
着いた。

しかし様子を見ながら半年を経過し幸いにして何もなかった。旧品が再び活躍する場面も少なく、変則的な並走運転を
中断の決意をする。
これで名実共に新規導入品の1本立ちになる。これを機会に遂に旧品パソコン廃棄の決断をした。
旧品パソコンは導入以来10年で今回姿を消した。

下のフローに世代交代でそれぞれ辛酸をなめたMicrosoft Windowsの変遷が表されている。
下図に示されるパソコン本体とWindows7以来の多種多様な周辺機器とソフトウエアはWindows10上で何とか動いた。
しかし、動いてはいるが一抹の不安を掲げながらの不安定な船旅である。
今後、何が起きるか全く読めない。不測の事態を供え、暫くはWindows7からの切り替え品と新規購入品とWindows10の
中身の異なる新旧並走で走ることにした。

(不安な船旅に中身の異なる新旧並走運転)

<Microsoft Windowsの変遷>

(半年の運転経過を踏まえ、単独運転へ移行)

現行の最後のシリーズであるが
Windows"7"は2019年でサポート
終了で終焉の時期を迎える

Windows 7⇒10へ切り替え

2019年10月

2014年4月

Windows XP⇒7へ切り替え
トップへ 次へ>>
一括見積り

1990年代に登場した

Windows ”3"シリーズ

名前のごとく1995年に登場した
人気シリースWindows"95"シリーズであった。

Windows Me⇒XPへ切り替え
2010年10月
PC本体 NEC製"MATE"を購入
先代"VL1000"は交代する。

2000年の節目に登場した
Windows"Me"


2001年6月
PC本体 NEC製"VL1000"を購入