パソコンの謀叛

◇ディスク破壊かウイルスの混入か

◇ハングアップの繰り返し

Windows 7に切り換えて以来、トラブルも無く、何のストレスを感じることなく快適に使い続けていたパソコンが突如
謀叛を起こした。操作中に、カーソルが、全く反応なく、ハングアップ状態になる。
作業中の多数開いたままのファイルがデイスクに保存出来ず、悔しいがやむを得ず、画面を開いたまま、ctlr,Alt,
Deleteのキー 操作で、で強制終了させる。
再び、パソコンを起動し、立ち上げると、作業課程のデータは飛んでしまったが一応、元の正常状態に復旧する。
しかし、原因を掴めぬまま日を置いて、再びハングアップを起こし、その頻度が増えくる傾向になり、只事にならな
い状況に陥った。

これらの障害状況からパソコン側のハードデイスクに保存されているファイルが壊れ、ウインドウズが正常に動作し
ない致命的なエラーとさえ思われた。

ハングアップの状況から、ハードディスクの異常か、招かざるウイリスの混入か、過去の苦い経験が蘇ってくる。
もし、OSに及ぶ障害であれば最悪、ウインドウズの初期化、再立ち上げも、覚悟しなければならない。
出来れば寝ている子を覚ますような、煩雑な作業は回避したく、このままそっとして置きたいののが心情であった。
じっくりその状況を調べると、意外な原因であった。

その陥った状況と原因解明に至るまでの経過を整理した。

ああ~ またやってしまった。

一括見積り
 トップへ  次へ>>

その状況は画面にある、カーソルが全く、動かなくなってしまうのである。