プロジェクト Z
国に歴史があれば、会社にも歴史が、個人にも必ず輝いたものがあるはずである。
そんな躍動時期にスポットを浴びた物語は国営某放送で流されたプロジェクトXは感動を呼んだ。
半世紀に満たないが、長い会社生活に燃焼しつくしたか、いや燃えきらないまま悔いを残したもの
もあったかも知れないが、まあ一区切りついた今、振り返り、プロジェクトXを模索してみた。
果たして人さまに紹介するほどのビックなXは見つからないが、心意気に燃えた入社そうそうの頃の
毎日が社会の荒波に揉まれ、波瀾に満ちた踏み出しであった。微かな記憶を頼りに、プロジェクトX
から余り意味もないが亜流のプロジェクトZ位で拾ってみた。
『プラント建設に身を沈める』
□ヒヨコとして教育される
会社に入ったころは、岩戸景気(1958〜61)と言われた景気の波動期の数年後であった。戦後の耐乏
生活から目覚め今の中国のように国中が建設・開発に沸き立つ、勢いのある時期であった。
所謂重厚な産業と言われる、鉄鋼からセメント、化学、石油など設備投資が活発で、そのプロセス
や発電所の制御装置を全国に納め、会社も活況を呈した。
その制御設備はプラント運転を効率よく安全に機能する事を確認し、お客様に円滑に引き渡すまでを
責務とする技術者が必須であった。
国土の旺盛な開発、設備投資もあって、繁忙期に技術者の、絶対量が不足気味で、その年に大量に
かき集められた一人であった。
扱う設備は余り馴染みのないプロセスの計測制御装置で、一人前の技術者として現地に送り出すに
も製品の理解から始まり制御理論の学習まで、半年に及び徹底的に絞られた。
◇汚染された一人
昨今のめざましい半導体技術やアナログからデジタルに変革される中で、当時は"水銀"も便利な要素
の一つとして使われていた。利用価値も高いこともあって、市場でも高い値段で売買されることから、
工場から持ち出す者もいた。水よりも約13倍重たいことから、自転車の荷台に載せ、運悪く守衛所の
前でハンドルを取られ、その怪しき挙動から、水銀持ち出しが発覚し、捕まったことなどがあったようだ
が、それほど高く売れたのである。
その水銀も後に水俣病として大きな公害病の要素の一つとして、危険な物である事が判り、社会的に
も大きな問題となり身の回りから排除された。しかし、そんな危険が知らされない時代には、水銀を直に
触れるなど、少なからずとも、水銀汚染された一人でもあった。
今日まで病に伏すこともなく生息しており、幸いにして汚染の程度は低かったのかも知れない。
己の姿を他人から見られた場合、犯しな行動や頭の回転の鈍さはあるかも知れないが、これは先天的
なもので、水銀のせいだとは思えない。世の中に類するちょい悪る親父であったかも知れないが大きな
迷惑を及ぼす事も無く、最低の規範を守り続けている、小心者のおっさんである。
水銀式流量計
丈夫で堅牢、正確に流量、水位を正確に計測出来る
計器として一世を風靡した水銀式計器
流量により発生した差圧を正圧槽と負圧槽に加えると
水銀が移動し、水銀に浮いた浮子を通して、機械的に
変位を捕らえる。
大きな指示計の指針が流量を表示する。
その原型はドイツのシーメンス社から生まれているが、実に
良く考えられた原理、機構である。
大きさはおおよそ身の丈程であるが、現代では半導体を
使ったセンサーなどが登場し、手のひらサイズのコンパクト
化されたものも、出回っている。その技術の発展速さに、
驚くばかり、変わる姿は隔世の感がある。
トップへ 次へ>>
ホームページ