◇幾寅駅(幌舞駅)
映画で使われたセットがそのまま駅舎となっており、「幌舞(ほろまい)駅」の看板表記含め、改修された建物の風化した姿が
年の歳月を経過しているようで、映画セットと思えない位に一地方路線の小駅に成りきっていた。
明治35年 の歴史ある開業も、利用客の過少から改修される前は哀れな駅だったようで,1998年の冬から映画「鉄道員」ロケの
ため改修され,写真のような駅舎になった。
ホーム上に僅かに「いとくら」の正式な駅名が認められ、名所案内と寂しく隣り合わせで建っている。
駅舎は標高320mの位置にあり、駅前は国道38号が走り、専用軌道の滝川側の隣接駅東鹿越駅間は「かなやま」湖岸
を走っている。
駅のフォームの目の前の山には樹木が落とされ、山肌が露出した南ふらのスキー場が見られる。
リゾート開発が進められ、近場の山の自然立地と冬場の降雪を活かし、冬場の閑散期にもスキーを楽しむ客を呼
んでいるのだ。
幾寅は南富良野町の中心市街地で役場や高校があるが、人の姿は余り見受けられず、静かな佇まいは北海道
の地方の現実の姿を映し出している。
競合する形で路線バスが走り、そちらに客が流れ、平日は近くの高校生が通学に利用される。7、8月のラベンダー
時期の休日は観光客で賑わい多少混むが、それ以外の時期は空気を運ぶ列車になってしまう様である。
時刻表を見ると、帯広方面は1日たったの7本、11:57発は唯一「釧路」まで行ける列車が1本走っているが、その
後は16:09の落合行きで、約4時間の間隔がある。待てば直ぐ来るせっかちな都会人にはこの時間落差がとてつ
もなく遠い別世界の感じがする。
◇時間を刻む時計が止まる
<<戻る 次へ>>