□ある日突然に
毎朝、時計がわりに欠かさず聞いているダイニングルームのラジオの音が忽然と消えた。静かに眠るよう
な老衰死に、もう全うさせても良かったが、一方ではいやいや未だ未だ大丈夫と蘇生にチャレンジしてみた。
□いつ頃の生まれ、その名は
昭和44年(1969)頃、世田谷のアパートに住み始めた頃に市場で買ったと思えるが、その間、家が転々とした
が、無くてはならない家財道具の一部として、生活空間に深く入り込んでしまった。既に購入後半世紀近くを
経過しており、博物館に入れても良さそうな代物である。
型式:TFC-100 メーカ名:COLUMBIA
□何処が悪いのか
SW付きボリュウムが機能しておらず、ラジオ本体を分解する間でも無く、直ぐに原因が判った。
トップへ 次へ>>
□何とか蘇生出来ないか
秋葉原には遠く、駄目元で当地では一番大きい総合電器店『 ム■ウチ』に探しに行ったが、部品コーナー
では置いておらず、修理センターで部品の扱いを聞いたが電子部品は置いてない旨の虚しい返事であった。
これに懲りず近くのリサイクルショップ『ハードオフ』に行き、ジャンク品を漁ったが、殆どがPC類に限定され、
求めるものは見つからなかった。
壊れたら、直ぐに買い換える時代に修理すると言うことがそぐわないことが思い知らされた。
そのまま産業廃棄物に全うさせるのは簡単であるが、染みついた分身には別れ難く、何とかは現状部品を
使ってでも、出来る範囲で蘇生させようと、チャレンジしてみた。
google