古今東西、毎日の生活の中に人の話し、テレビ、ラジオなど家庭電機から、時には車から、ボウリウム一杯の音声を垂れ
流す迷惑な宣伝カーなど多種多量な情報が否応なしに入ってくる。
どうでも良いものは聞き流し、必要なものを取捨選択し記憶に留める。しかし、機械的に綺麗に取種選択は出来ず、時には
感情も伴い、消え去って欲しいものも中々断ち切れずに何時までも残っている。
生れ持ったスカスカの脳味噌も年々の退化もあって、ちっぽけな記憶容量に、良い事、悪い事、面倒くさいが先に立ち「まあ
良いか」と自然に消してしまっている。中には大事な情報など聞きたい事がその場で頷き理解しても、時間と共に消え去って
しまうのである。
五感の中で、見る事、聞く事など文明の発達は、人間の目、耳に置き換わりセンサーからの情報を捕らえ、デジ
タル信号に置き換え、極小化された記憶媒体に大量に留めることが可能となった。
デジカメなどで見たものを大量に記憶に留める事など、遥かに利便性に優れ、フィルムカメラを駆逐してしまった。
インターホーンや防犯カメラなどの監視と記録は絶えず監視されている世知辛い世の中ではあるが、犯罪捜査
に、威力を発揮している。
一方では聞くこともICレコーダーなど、生活の中にどんどん入り込んで色々役立っている。政治家の記者会見で
記者が差し出したり、机の上に置き並ばれたり、記録に留めメデイアのツールの一つとして使われている。
元衆議院議員の石川知裕氏が検察の取り調べで、捜査報告書の捏造を暴いたのも接見中に潜めておいたICレ
コーダーであったことが話題になった。
使用の規制の無い場合は講演会や旅行先の案内を収録しておく。時間が経ってから、開いてみると、大事な情報を
かなり聞き逃している事が多く、再声音から新たな発見も生れてくる。
日常生活の中では医者からの診断結果を記憶にして、大変役立っている。取り分け総合病院では大変混み合い、
何百人の患者を裁いているが、そんな忙しい医者を己のためにデイスターブ出来ない。長い時間待たされた挙げ句、
僅かな診察時間に早口、専門用語など飛び交う中でメモを取る余裕もなく、結果的に善し悪しの判断しか残らず、
肝心の話は抜けてしまっている。
そんな折りに家に返って診察結果を聞き返し、判らないことは時間を掛けて調べることが出来る。
こうして蓄えられた音声の記憶は一種の「可視化ツール」として、ICレコーダーの役割も大きい。
レコーダーはミニテープから始まり、メモリーレコーダは既に2代目を使っており、完全に生活の中に入っている。
古今東西
生活の中に"音"や""言葉の情報"が沢山入ってくる。
◇取り巻く中に音が入り込む
◇目と耳からの情報の活用する時代
◇ICレコーダーの活用
大量な患者さんを前に、多忙を
究めるお医者さんの「診断情報」
を如何に捉え記録整理するか、
ツールの利用もベスト。
そんな愛機が突然故障した。機械である以上、壊れることは何処でも起きえることであるが、早速修理依頼し
手許に正常な姿で使える様になった。まあ、一見して無難な、出来事であるが、その修理対応について、昨
今の事情からか、頭で描いていたこととかなりのギャップがあった。その間の先方の対応に驚き、一悶着あった
が、何とか落着した。その間のやりとりを含め、変貌している最新の電子製品の姿を捉えてみた。
◇故障から生れた世界
トップヘ 次へ>>
一括見積り
ICレコーダー再びの騒乱