ルーフタワーに載せた指向性の強いHB9CVアンテナを使用したDXに大きな役割を果たしたローテーターが、ある日突然
動かなくなった。使い初めて丁度10年(1999年以来)、360度、全世界に向けて激しく動かし、ノーメンテで使い続け、今日
まで、意のまま使い続け、何れこの日が来ると思っていたが、パタリと動かなくなった。
□ローテータ取り外し
疑いもなくローテータ故障と判断し、早速取り外しにかかった。
所がローテータには2インチ6Mのマストとアンテナの重量がもろにかかり、それを持ち上げ、支え外さなければならない。
総重量40s以上あり、これを持ち上げるのは容易ではなく、写真の通りターンバックルを使い、悪戦苦闘の上、つり上げに
成功する。つり上げる過程で安易にパイプに引っかけ、ターンバックルをねじ込んでいった。前後の強度も考えずに力任せに
捻じったら,ご覧の通り、ぐにゃりと曲がってしまった。
曲がって、初めて気づくと言う、お粗末な作業に、ターンバックルをアングルの角など、比較的強度の強い部分を選ぶことを
改めて学習した。
ローテータ上部の円盤にはパイプ内部からの水がかなり溜まっていたが、構造的に抜けないためか腐食していた。
パイプを曲げてしまった。
<ルーフタワーからターンバックルで
マストをつり上げ、ローテターを引き抜いた所。>
トップヘ 次へ>>
<DXにフル稼働のコントローラであったが突然、動かなくなった。>
□ローテータ突然動かず
ローテーター補修作業
ファンデーション