この飛散が止むことなく
地球全体に感染していく

クラスター弾が弾け
あちこちにどんどん広がる

コロナと闘う街の様子
中国湖北省武漢から始まったコロナウイルスの感染は地球上の一角で起きた感染症でそのうち自己修復しローカルで
収まるであろうと、思っていた。
それが湖北省武漢で蔓延し、その範囲は中国に留まらず、あっという間に世界各地に急速に広がってしまった。

地球上でコロナが発生し、それが飛沫となって飛び、人に感染し広まってゆく。点から面へ膨らんでゆき、決して止む
ことがない。展開される様子を描いているが、このような感染の姿が見えないまま身近な所まで迫っている。

人間に害を及ぼす生き物と言えば港で発見されるヒアリが恐ろしい毒性を持っており、水際で殺虫処理し蔓延せず
に対策してきた。
ヒアリは形が見えるが、コロナの場合は寄生虫・細菌・真菌・ウイルス・異常プリオン等の病原体の感染により、生ま
れる反応(病気)の総称で、感染力が強く目に見えないだけにたちの悪い病気である。
近代文明化学が進んだ今日でも、有効な薬が開発過程にあり、感染者の隔離と沈静化を待つだけの深刻な状態に
ある。
初期段階の感染か非感染かは、外側から見えず、本人の変調、から受診し専用の検査医と検査設備により検
査し時間経過後、判別すると言う難解なもの。従って、何時、何処で誰からうつったかは判らないことが多い。
コロナ対策としては先ずかからない事であり、根源地の防疫は元より人と人との接触避け、消毒の励行など行ってい
ることが、唯一の対策である。
国によっては封鎖効果で一時より、沈静化傾向に見られるが、世界レベルではどんどん広がり、収束の見通しが出来
ない深刻な状況に陥っている。

◇見えない相手との戦い

トップへ  次へ>>
これまでに生活を揺るがす災害は地域規模の破壊に襲われた2011/3/11の東北地震であった。
ゆったりした動きに目眩と思えたがその後激しい揺れに、船酔い状態。本棚から載せたものが音を立てて落ち、壁に掴
まりながら、この長い揺れの中ただ耐えることだけで、生きた心地がしなかった。
こんな折りにかみさんが都心に出かけ、所在掴めず、真夜中に漸く、連絡が取れ、生存確認し、息詰まる一日であった。
原子力発電所の被災から停電、石油コンビナートの壊滅から石油の供給不足などインフラが根源から崩れ、ガソリンス
タンドに長蛇の列が生まれた。
噂デマもあって、買占めがあって米が消え、生活用品である、水、牛乳,パンが商品棚から、消えていった。そんな再来か、
生活防衛でコロナ防疫からマスク、テイッシュパーパ、トイレットペーパーが店の棚から消えていった。
買いだめは沈静化されたが、未だマスクだけは2020/4月現在入手困難の状況である。
◇あの悪夢が蘇る
緊急宣言をしたが、強制力無く、良きも悪しきも、この曖昧さが日本人古来の良識に頼るのみである。感染者数は曖昧
な規制強化が災いしてか、一向に下がらず、日に日に増えてゆき、見えない鎮静化に、未だ未だ終焉宣言にはほど遠い。
一体何時になったら、先が見えるのか、閉じ込められた檻の中での窮屈な耐乏生活、そこそこ我慢も限界になる。
毎朝、人の接触は避けよと言われ、人出の少ない6時台の外歩きはコロナ事件に関係なく、己の生活ルーチンで続けている。
散歩がてら普段と様変わりする街中の様子を伺ってみる。
◇緊急体制下街の様子