隠れ脳梗塞
☆劣化な体に鞭うち

同じ方向に向かい、並走する若い人には競うこともないが最早、男女を問わず、後塵を拝する

加齢の筋肉劣化予防で、体を動かすことが益々大事であることは理解できるが、それを実践出来るのは歩くことと、
継続的に実施している。
しかし、歩くことも、体の劣化からままならなくなってくる。
加齢によって腰の部位に当たる部分の変形した椎間板と、背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫
される。
椎間板狭窄症と言われ、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、ふとももや膝から下にしびれや激痛が走り歩き
づらくなる。
しかし、なりふり構わず、すこし前かがみになったり、するとしびれや痛みは軽減される。
従って、腰を折り曲げ、なりふり構わず下を向きながら一歩一歩前へ、終わりなき闘いである。
トップヘ 次へ>>
一括見積り
こんな変調を背負いながらも、何とか健康維持で痛みと闘いながら欠かさず朝は歩いている。
色々コースメニュウを準備しているが、その一つが通勤時間帯になると、駅へ向かう出勤者と重なってしまう。
何故かしら皆急ぎ足で、ごく普通に背筋を伸ばす連中に腰曲げ爺は追い抜かれていく。
別に競うことはないが、背後から靴音が迫り、さっそうと追い抜かれることが、当たり前になっている。
別に競い合うことはないが、響き渡る靴音に背後の人の気配、カツカツと甲高い音の響きはハイーヒールの女性もあっと言う間に追い越し、暫くすると遥か彼方へ、最早男女の関係なかった。

何時も日課とする朝の散歩中に突然起きた災禍であった。