『大山鳴動して鼠一匹』

そんな戦いを背景に、何時また招かざる敵の襲来を予知し、専門業者さんに調査を始め、経験を踏まえた恒久的な
対策をお願いした。

天井裏で或日、突然『ゴト・ゴト』と言う異音が鳴り出した。当初は建屋内の何かこすれる音位と思い、余り気にも
かからななかった。
それが、定期便のように鳴り出し、当初より音は長く激しく、初めて鼠の存在を認めた。
己の住み処とばかり我が意を得たように、天井裏を運動場の如く走り回る様子が伝わってくる。
初めての鼠の存在に、成すすべきことも判らないまま、鼠の存在場所に天井の内側から、せいぜい棒で叩く、威嚇
攻撃しかなかった。
そんな繰り返しに、音の根源である敵の陣地に乗り込み、一網打尽の白兵戦に挑むしかないと、戦闘準備に入る。
押し入れの天井に出入り口を見付け、開口し、0.7屯の巨体をよじりながら、天井裏に何とか侵入、左右に走る梁を
またぎ、匍匐前進で何とか辿りつく。
敵は関知したのか既に陣地から撤収を図り、何処か遁走していた。敵に捕束、をと陣地周辺に薬を蒔いて撤収を
図った。窮屈な天井裏の世界、手足を伸ばし、足場をさぐりながらの匍匐前進は難渋を究め、僅かな突起物の壁を
よじ登るボルダリングのようであった。
薄い天井板を抜けない様に、注意をはかり、暗闇から脱出し、無事地上への帰還はもうへろへろ、腰の激痛は終日
続いた。
そんな敵殲滅作戦に期待をかけたが、敵もさるもの、数日たっても、苦労は報われず、素人の敵の殲滅はどうやら
空振りに終わってしまった。
一括見積り

◇捕縛作戦失敗

トップへ  次へ>>