山・川を駆けめぐる「朝の散歩」

概略コースは地図に示される。★印のスタート地点から、矢印に沿って浅川を越え、急峻な丘陵に登り、丘陵の高台
を巡る。丘陵から一気に下って、浅川に戻り、浅川に沿って廻り、スタート位置に戻ってくる。変化に富んだコースである。

★スタート地点

多摩丘陵

アンダーパス

浅川護岸

大仏さん

京王線

浅川

JR中央線

一括見積り
めげずに今日も歩け、歩け
体力・筋力の衰えは足から、使わなければ益々劣化が加速される
よたよた、一歩一歩引きづるように2、3歩、歩いては休みの繰り返しに、思うにならない身に、何とも悔しい思い
でいるであろう。
最早、それも叶わず電動車に乗って、電動の力で散歩気分は味わい、行き交う人に、挨拶する好々爺も中には
見受けられる。
そんな姿を見て、我が身に振り返り、体力維持に、始まりは朝散からと拘りを持って欠かさず、続けている。
同じ所を歩くのでは、長続きしないのでパターン化したメニュウを準備し、それを順を追って、こなしていく。
さ~て今日は何処へ、
そのルーチン化された決め事が、がっちり組み込まれ、それに乗れないと一日が始まらない、生活の一部に
組み込まれている。
その代表的なコースの一つを追ってみる。
地域は市内を東西に走る浅川が多摩川に合流し、東京湾に注がれる。その浅川の南側にほぼ並行して多摩丘陵
が走っている。この川筋が護岸で護られ、自然の中、見通しの利いた恰好の散歩コースである。
トップヘ 次へ>>