長く眠っていたスキーを遂に手放した。
ん十年前、お正月は必ずスキー場に出がけ元日はスキー場で迎えた位に入れ込んでいた。
時間と金をつぎ込んだが、それ程上手くはならなかったが、このスキーにかけた思い出が微かに残っている。
大事な宝物との惜別ではないが、この機会に心に残るものを振り返ってみる。
当時の日記と日記には重ならない別の場所であるが微かに残される写真と重ねてみる。
◇わくわくするスキー行
大凡のスキー行きは連泊のため、宿泊代軽減のため出発は夜行列車が通例であった。長い竿を掲げ,席取り合戦
に命かけ、怒号飛び交う激しいバトルの末の鮮烈な戦いであった。こうしたハードルを乗り越え,勝者のみスキ‐場の
最寄り駅までの席が確保で僅かな寝場所が許される
晴れのゲレンデの舞台を前に高ぶる気持ちを前に殆ど、眠られぬままスキー場に向かうのも若さゆえの勢いなのか
もしれない。
◇月面着陸のような一歩
列車降車時は真っ暗闇の世界、そのままバスに乗り込み、窮屈なバスにバスの暖房と込み合う乗客の熱気で、温か
く、車体の振動もあって、寝不足もあって自然に夢の中であった。
降車の案内で夢から覚め、目の前が真っ白な銀世界の姿に変わり眩しく輝き、重い装備を担ぎ、バスから降車する。
これまでの暗闇から、真っ白な銀世界が眩しく、踏みしめる雪面に宇宙の月面着陸のような一歩であった。
◇当日の宿は
宿の格式、中身に拘らず、寝泊りできれば良いと身分相応の安宿を案内書から引っ張り出した。早速電話で申し込み、
平日ともあって労せず予約が取れる。
早速、宿屋へ、伺い、案内される。安いからと言って、客扱いも見透かすようなこともなく、空室の一室に案内される。
重い装備品を放り出し、思い切り四肢を伸ばし、鎧から解放されどっかりと、腰を落ち着けた。
◇早速ゲレンデに
<岩原にて、巨大なすり鉢ような底のような平坦地にせり立つ向かい側の山々は皆雪を被り素晴らしい慧眼である。
ゲレンデの雪面は踏み固められ、スキー場ならではの格好の滑りの世界である。広々と広がる目の前の素晴らしい
慧眼はご極上の世界、こんな晴れ舞台である>
一点の汚れなく、真っ白い白銀の上にスキーを無造作に投げ倒す。久方振り、雪面の向き合いは一年振りで、白銀の
上に立ち、平時と全く異なる世界に恐ろしさが先に立つ。
さらば青春
トップへ  次へ>>
一括見積り