朝からの物凄い暑さは日増しに激しく、国内は勿論、ロシアで火災を起こすなど地球全体にも深刻な影響を及ぼしている。
今年(2010年)は7月より、容赦ない日射しに襲われ連日35、6℃の世界に、日陰の無いところでは我慢も限界にきている。
しかし此処「黒川清流公園」は全くの別世界である。看板表記の「東京の名湧水、黒川清流公園湧水群」と言われるに相
応しい天然のオアシスである。
「黒川清流公園」は多摩平の丘陵から浸透した湧水が流れ、年を通じて変わらない湧水の温度がこの時期冷気を呼び自然の
恵みをたっぷり楽しむことが出来る。その源泉は深い樹林帯に包まれた、自然の水路の奥、崖から生れてくる。
湧水は人工的に造られた水路に導かれ、岩で固められた水場に注がれる。この水場が子供達にとって格好の遊び場
になり、若いお母さんに連れられたよちよち歩きの2、3歳の幼児から、小学生位まで、水に戯れ、ご覧の通りの賑わい
を見せる。時には親鴨に連れられた小鴨の集団のように、先生に引かれた幼稚園児の集団も安心して訪れる。綺麗に
澄んだ清流の流れの湧水は手軽に自然に触れ合える場所として近隣でもなく大変珍しい天然のオアシスである。口コミ
などからも評判を呼び、遥か遠くからやってくるので近くには自転車が沢山止められている。
トップヘ 次へ>>
黒川清流公園
歌舞伎