家系図作成の動機づけ
1)自身の生い立ちは何か
自分の祖先は何者であったか勿論知るべきもない 家の言い伝えや,生い立ち,
流れなどは親から子へ.子から孫へと語り継がれた。
但し 現実は時間と共に記憶が薄らぎ、世代の移り変わりと共に語り継がれたことが
希薄し,徐々に風化してしまい,極く身近なことしか,判らなくなっている。
 時代は激しく変化しているが.その間,身内の親族にも新しい生命の誕生もあった。
一方では身内から,遙か遠く先祖の元への旅立ちもあり.それぞれの年代の中での
生きてきた営みはライフサイクルとなって,新しい世代へ引き継がれている。
 このような時代背景のなかで世の中の落ちつきから,失い欠けた過去を振り返り、
自身の生い立ちはなんなのか、知りたいところである。
2)父からの伝言と幻の家系図
今は亡き父から「家系図を見た事がある」と言われ、当時はそれほど
興味もなくそのうちに何処からか出てくるだろうと、思っていたが、その
父も他界してしまった。
その後、心の片隅に父の言ったことが気にかかり、タイムカプセルを
開いて近くて遠い一世代前の世界との繋がりが、見えないことかと、
身勝手な想像力が頭の中に駆けめぐり、霞かかった遙か彼方の幻想
の世界に取りつかれてしまった。
そんな思い入れが夢と現実を交錯させながら、益々ポテンシャルを高
め、わくわくしながらその所在について、八方手を尽くして見た。
しかし、現実は家系図を見たと思われる時期から、かなり時間経過し
ており、保管していた当事者もこの世におらず、その伝も失い、手が
かりは全く掴めず、八方塞がりの状態に、まさしく『幻の家系図』で
あった。
3)奥の深さに魅せられて
本格的な系譜調査はその筋の専門家が家系研究として系譜学なる、
奥の深い立派な学問があり、素人が片手間にできるものではない。
まして、由緒ある、名門名家なら未だしも、何も無い、水飲み百姓が、
はてしない未知の世界でのお宝探しは砂上の楼閣かも知れない。

こんな背景の中、父の告げた家系図の話が引き金となり無謀なる、
家系図作りの挑戦が始まってしまった。
この辺りは、例え小事でも、始末を付けておかなければ気がすまない
血液型B型人間の特性が訳のわからない罠にはまってしまったの
だろう。
『この、地下鉄の電車、何処から入れたのだろうか?』
「考えたら、夜も眠れない』
『あの、家系図 、何処へ 行ってしまったのだろうか?』
『考えたら、夜も眠れない』・・・三球さんのおなじみの地下鉄の車両搬入の漫才と家系図は異質だ、
「果たして己は何処からやってきたのか?」思わず考えてしまった。(余談)
この先の見えないブラックホールの世界に一歩足を踏み入れたら、そこには歴史の厚い壁が立ち
はだかったが一方では遠い親戚、近い親戚、それぞれ人との繋がりに、新たな発見と感動も生まれました。
トップへ 次へ>>
ホームページ