家系図と一族の遺産

さて、何も無い環境の中、どうやって先祖様の掘り起こしが生まれたか整理してみた。
1)たかが200年、されど200年
情報として手短で確かなものは人生を長く経験された、方達の記憶であり、それらを如何に上手に引き出し整理するかが、
重要なテーマである。
但し、生き証人、生き神様も生身の体であり、永久不滅ではあり得ない。
天から授かれた、生命は多少伸びたと言いながら、たかが数十年のライフサイクルで薄れかけた記憶力を頼りに、語り継が
れるものは限られた点の情報である。それを何とか繋ぎ合わせて先祖の掘り起こしで見えたのは高々200年であったが、され
どその先はブラックゾーン、確かな古書も見つからないまま壁の厚さをまざまざと見せつけられた。
2)思い立ったらその 日のうちに
老後の趣味の一部として、祖先のルーツをたどると、良く聞かれるが、それは辿れる書類があうるちであり、人生の諸先輩との
語らいからの、先祖掘り起こしは自分が年老いてしまうと、橋渡しとなる人々は既にこの世に居なくなり、世代を越えた貴重な話
は途絶えてしまう。
平成10年(1998)の冬場、明治の生き残りの叔父が既に100歳を越えたが遂にこと絶えた。
喋り言葉、聴力はかなり衰え、対話には、理解と思いやりがないと、話は一方通行になってしまう。
でも、痴呆と呼ばれるような、老人特有の極端なボケはなく、明治時代のことなど、予期出来ない宝物が埋もれていることもある。
こちらから聴きたい事を整理しておけば、ある程度のことは聞き出す事が可能であり、意外な事実も出てくる。
一方、一族の親族の誰が何処の出で、何処の繋がりかは薄くなった現代では唯一その機会は法事での出会いであろう。
親戚縁者の繋がり関係は世代間の橋渡しを出来る唯一のチャンスはこの場であり、縁者関連の物知りとのご相談の機会を作って
おき、後日じっくり聞き出すのも、大切な情報源である。
思い立ったら、その日のうちに、年老いてからでは大切な情報は待ってくれず、頼り無い記憶も薄れ、風化してしまうことも。ともかく
生き字引が存命するときに、胆に命じて、取り組むべきだと思う。
戸籍抹消の謄本の利用
身辺周辺に利用出来る、公用・私用の資料として役所で開示出来る、唯一の
古記録として戸籍抹消の謄本(右図)と菩提寺の過去帳など参照した。
これらの資料を最大限活用し、前述の資料の結び付けができれば、時代の深
さが更に広がりをもたすことが出来た。
戸籍上で唯一、文久二年迄、たどり着けたのは幸運だった。
トップへ 次へ>>