江ノ島は古来からの景勝地であり、代表的な庶民の行楽地でもあった。
幕末期、唯一外国人の居留地して横浜が選ばれたが、外国人が自由に外出出来る区域が制限されるなかで、
彼等の格好の行楽地でもあった。そんな行楽のニーズの背景から鉄道施設として、明治32年(1902)誕生し、100
年以上も経過した歴史的乗り物である。
某新聞の「乗りたいローカル線アンケート」で1位に輝いた江ノ島電鉄であった。沿線を走る代表的な鎌倉、稲村
ヶ崎、江ノ島の湘南海岸はサザンの歌などに代表される風光明媚な馴染みの場所で、ここから、多数のヒット曲
が生れている。
沿線には多くの寺、神社があり、歴史を確かめ、四季を通じてそれぞれの咲き乱れ花に、何時も観光客で賑わい
を見せている。
もともと景勝地となる、寺、神社は山間の自然の中にある物も多く、江ノ電に乗って、山間の自然の中を歩いて、
廻ることが魅力の一つで、その拠点廻りに欠かせない乗り物である。
全線の鎌倉、藤沢間が約0q、乗車時間も34分とミニローカル線である。専用軌道が主体であるが、車と一緒
に走る路面もあり、深い山中にトンネルもあり、寺、神社の境内や民家の庭先を走ったり、短いコースではある
が、変化に飛んだ路線である。
僅か半時間で廻ってしまう、ミニミニ路線、わくわくしながら乗って見て、その姿を追ってみた。
密集する住宅地の庭先、生い茂る樹木の住居の間から、突然現れる江の電。古都鎌倉 、湘南海岸など
廻りの風景にそっと溶け込むように、地域住民や観光客の大事な足になっている。
◇歴史と観光に賑わう
そんな江の電もモータゼネレーションの渦に乗客が激減し、路面電車が廃線される流れに、江ノ電も追い詰め
られる時期もあった。しかし宅地開発が進められ、乗客の激減に歯止めがかかる一方、観光で来る観光客に
鎌倉周辺の車渋滞が生れた。
渋滞で道は麻痺し、動かない車より、遥かに便利であり、環境に優しい面からも江ノ電が見直され、自然と延
命が図られ、生き残った。
◇廃線に追い詰められる時期も
◇変化に飛んだ路線
鎌倉側から藤沢方面へ「出発進行」
トップへ 次へ>>
千変万化のミニ路線「江ノ電」
一括見積り