その一コマ、荒々しい岩礁の石廊崎で伊豆半島の自然の中、その岩の合間をぬうように走るクルーズ船影を追う。
夜は光り輝く新鮮な魚を前に豪華な御馳走に舌鼓。
南伊豆 下田を巡る
伊豆下田へ
巷間伝わる爺さんドライバーの悲惨な事故に恐れ、運転やめろコールが身近な所に飛び交い、最早ハンドルを持つこと
が許されなくなってきた。
運転責は本人が一番理解し、ハンドルを持つ持たないも、本人が決めれば良いと思うが、それすら許せない世の中の
動きが、メデイアに載せられた風潮が支配的である。
ドライブの捨てがたい魅力の中に、列車に体を委ねのんびりと電車旅も捨て難い魅力もあることが何となくわかった。
あの爽快なドライブから離され悔しいけど、運転リスクから解かれ、気兼ねなくビールを飲み、ほろ酔い気分でぼんやり
と車窓から伝わる風情に心酔するのも良いのでは、呑み助ならではの楽しみもある。
しかし,こんなことでの運転返上は全く淋しい限りである。
そんな苦悶の挙句、列車旅の行く先は伊豆の下田に決まる。
ペリー来航に関わる歴史の街、荒々しい岸壁の石廊崎、日本百景に挙げられる美しい弓ヶ浜海岸。夜は伊豆ならでは
の豊富な地産の魚種に新鮮な船盛を前に贅を尽くした料理を前に宴会。楽しいひと時を書いてみた。
トップへ 戻る>>