横浜生まれ育ち、つまり浜っ子の孫が7歳になり、七五三のお参りをJR桜木町駅から山側の「伊勢山皇大神宮」でおこなった。
高台の多い横浜もその一つ駅から紅葉坂を登った所にあり、「横浜総鎮守」また「関東のお伊勢さま」の名称で親しまれ、人気の
高い神社である。
3歳の時も此処を利用したが、当人の雨女の偉力を遺憾なく発揮し、生憎雨の中での式であったが、今回は幸いに天候に恵まれ
た中での式であった。
同じ場所で、4年前、普段着慣れない特別な着物の衣装の締め上げと、神主と巫女さんの厳かな儀式に当人に凄い、圧力であった
か、神主さんの姿に思わず、「怖い〜」と泣きだしてしまい、並んだ参列の子供達に、泣きの大合唱が連鎖に始まる式であった。
そんなことが社殿の前で、昨日の様に思い出されるが、時の経過はそんな珍事は全く感じられず、たくましく育った当人の成長を
見るようであった。
「子をもつ幸せには金銀宝石もおよばない」という歌が万葉集にあるそうである。
晴れ着を着て、危なっかしい足どりでよちよち歩きで祭壇に向き合い。成長を祝うたびに可愛い子からやがて美しい娘になってゆく。
そんな至福の時を迎え、親はもとより、じじばばも主役の娘、孫の成長の姿に驚き、喜びを感じる大事な節目なのである。
当日は何と言う、巡り合わせか、横浜はAPECの会議が行われ、周辺の道路、海、建物は物凄い警戒振りで、そんな異常事態の中
での式であった。
何でこんなことをと思ったが、辞めていった前市長の約束ごとの置き土産で、当人にとって生涯を通じて晴れの舞台を飾る大事な式
にもかかわらず、色々影響を被った特別な日であった。恙なく式は何とか終わったが、普段、見る横浜とは違った異様な厳戒体制の
街の姿と、そんな中でも晴れの儀式を捉えて見た。
トップへ 次へ>>
伊勢山皇大神宮は戊辰戦争が終わった明治維新後の明治4年(1871)、国の貿易の要として横浜が開港され、鎮護(災いや戦乱を
しずめ国の平安をまもること)を祈る、横浜に相応しい神社が誕生した。
社殿は関東大震災で焼失し、昭和3年(1928)に現在の社殿が完成した。
七五三は神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになった。
◇伊勢山皇大神宮
厳戒の横浜で「七五三」
海外ドラマ隊