お宝写真から見えるもの
トップへ 次へ>>
大正15年 8月18日、我が家 の お宝写真です。
祖父『金次郎』の葬式が行われました。場所は現JR中央線、千駄ヶ谷駅 から 東京方面に向かって右側です。
この住宅地は戦争の罹災も受けず、残ってましたが、東京オリピックに併せ、色々な施設が出来る時期でもあ
った。撮影位置に首都高4号線も走り、我が家も住宅は一斉に立ち退きの運命にあり、周辺はあっと言う間に
変貌してしまった。
立ち退きの難を逃れた 住宅が一角が僅かに残されるが、首都高下のガードになってしまい今やその面影も
見ることもなく、激しい都市化の波に完璧に埋もれてしまった。
この写真に色々 な歴史と文化が散見されます。
DRAFT部分をクリックして下さい。当該部分が拡大表示され 詳細のガイドが表示されます 。
ホームページ