使い込んで何年経つか、水道用混合栓のコックが重くなった。機能的には問題ないが毎日、何回も使うだけに手にかかる
重い操作が気になる。その手にかかる負担が明らかに徐々に重くなる。
まあ、水垢でも溜まったであろうと、中を清掃すれば何とかなるであろうと、予備知識もないまま、ばらしてみた。これが失敗?
の始まりで深い沼地にはまり込んでしまった。
水道用混合栓をばらしてみると要部は水垢で表面が薄い膜が付着していた。中のカートリッジまでばらしてしまい綺麗に
清掃し再組立し、一応元の状態に復元した。此処までは作業は完璧であった。コックは明らかに軽くなり、水流の操作は
完璧と第一次分解作戦の終了を宣言した。しかし、停止位置で今まで無かった、水漏れがポタポタと始まった。これでは
だめと、何とか修復出来ないかと、水道用混合栓のばらし・組立を根気良く何回もやったが、一度始まった水漏れは全く
止まらなかった此処で初めて、素人には手に終えぬと、専門業者に電話し、状況を説明し対策をお願いした。
カートリッジ
コックに連動し、温水・冷水の切り換え
水流の調整は総てこのカートリッジで
行なわれる。
専門業者がやってきた。持参した新しいカートリッジを早速交換し、元栓を開き、水流の調整を見た上で、コックを停止位置
にすると水はその場ではピタリと止まった。「お客さん、カートリッジをばらすのは居ないよ」外見では判らないが、綺麗に清
掃すると、返って微妙な馴染みが、狂うと漏れが出てくる、だからカートリッジをそっくり交換するとの説明に説得力もあった。
「どうだ!!」と言わんばかりにこれがプロの姿と見事な腕裁きに関心もし、部品代と出張費1万3千円を支払い。専門業者は意
気揚々と帰っていった。その間、ものの20分位のことであった。
所がその日の夜になって、僅かながらポタポタが始まった。器具の馴染みの問題と思って、時間が経てば止まると思ったが
そんな願いも虚しく水漏れは翌日経っても止まらなかった。その時のポタポタは大したことはないが、時間経過と共に受け皿
のボールが満杯に成るぐらいに水が溜まり、気がとがめた。
トップヘ 次へ>>
水道用混合栓◇水道業者が鮮やかに直したが
◇素人施工の悲しさ水漏れ発生
◇水道用混合栓の不具合 に挑戦
水道屋激闘記
美白スキンケア