◇業者の対応に切れた!!
早速、水道業者に電話、水漏れが納まらない旨伝えたが、手の平を返したように水道用混合栓、全体を変えないと修復不可能
と言う。その場合前回収めたカートリッジを含めて、一式の購入が必要だと言う。つまり、前回収めたカートリッジの転用は不可能
であり、改め、2個目のカートリッジを含めた代金となり、その費用が3万円なにがしと言われた。
学校の実験室ではあるまいし、前回やった結果が上手くいかず、改めて重複する部品の購入を含め、高額な費用請求は詐
欺ではないかと、追求したが、しかし敵もさるもの、メーカの販売方式を立てに、一歩も引かなかった。
再三ねばり、何とか誠意もと思ったが 馬の耳に念仏、もう頼まないと切れてしまった。こうなった以上は己が蒔いた種は、自ら
摘み取るしかないなと、何も根拠もなくリスクを承知で自力での改修工事に一発かけてみた。
◇もう、やるしかない
水道用混合栓を求め、型式を調べ早速、ホームセンターへ行ったが、既に廃版となり、同一品は無かった。色々見た結果
同一メーカの類似品を選びそれにかけた。価格は8000円台で安く、業者からの価格と全然違っていた。一応ホームセンター
の係員に、素人施工に問題ないか訪ねてみた。既納設備の配管のネジ形式が異なる場合、業者は手持ちのアダプターで
対応出来るが、もし合わない場合、素人さんでは難しいとも言って居たが、それを承知で購入した。更に余計なことではあるが
店頭価格と業者からの価格の違いは、其処まで追求しない素人相手の彼らの儲け代でも、あるようであった。そんな話にメラ
メラと焚きつけられ、かみさんの不安をよそに、「大丈夫?」と言われても、此処まで乗った船、戻すこと出来ない。駄目だったら
その時に考えると早速、既納の水道用混合栓を大胆に外しにかかってゆく。
水道用混合栓の要部である。この円筒にカートリッジが入り、円筒内部の赤色の2つのパッキング部分が冷水・温水の
それぞれ流路である。このカートリッジと、円筒内部の微細加工から混合栓の機能を発揮する心臓部である。この羽目
あわせの僅かな狂いが、水漏れの要員にもなっている。
<<戻る 次へ>>