そんな環境に押し流され、唯黙っていても仕方ないと、今出来ることは身辺整理であった。
ステレオとラジオの電化製品の分解・再起に挑戦も叶わず、結局処分し、後継機種に音の世界を継承させた。
長年活躍した愛機の金属資源回収としての別れ、次機種の晴れ舞台の活躍を描いてみた。
ステレオ・ラジオの大量処分
昨今のコロナ禍で唯一外部と接触機会であった観光協会配下の本陣の案内も遂に無くなってしまった。

目に見えぬクラスターの接触から、感染しⅠ週間~10日余りであっという間に容体変化、死に至る事例がマスコミ
で報道される。確かな薬もなく、クラスターにかからないことが唯一の対策なんて情けない状態にある。
感染症対策と言われる、「密閉」、「密集」、「密接」の3密を避けることを背景に、自然と外出は控えた。
老いの典型事例で、情けねえけど病院通いが自然と増えてきた。
こんなことから、薬の処方箋を貰うだけで、5分程の往診に、敢えて1~2時間待合室で待たされ、3密の渦の中、身を置か
ねばならないこともある。
そんな背景から我が家の中で引き込もりで独居房生活が延々と続いている。
この間、在職時代の精鋭の訃報が遠慮なく入ってくるが、これも時代の流と、淋しさは嫌でものしかかってくる。
そんな折、コロナの影響で、退職以来続いていた花の銀座、ライオンホールでの毎年恒例のOB会も中止になった。
日頃の鬱積晴らしに100人近くの精鋭の爺が各地から集まり、わいわいがやがやと口角泡を飛ばして、束の間の青春
トライバックに皆浸る。今まで考えることもなかった飲食を伴う歓談は正に3密そのもので絶好の感染源となり、自粛規
制の網にかかってしまった。
一括見積り
トップヘ 次へ>>

<ステレオ他の破壊と新規復活>

<思い出される網走(参考)>

<コロナで閉ざされた世界>

因みに、網走刑務所では昼間は他の者と一緒に仕事に行くが、「夜間独居」と言われる夜だけ此処に隔離収容される。
昨今の閉ざされ、世間とは隔離された世界に、格子窓から僅かな光の闇の世界に狭い房が果てしなく続いている。
何となく、こんな環境が思い起こされる。