「地震・カミナリ・火事・親父」。「3.11東北・関東地震」が起こり、これまで経験したことのない震災に打ちのめされ、福島原発が
未だ収束せず、不定期停電、物流ルートの破壊は物不足を生み、目に見えない放射能にまで悩まされる危急時代を迎えた。
そんな中で、時ならぬサイレンの警報に驚き、外に出たら、真っ黒い煙が立ち上がり、北風に煽られるように、上空に立ち込め
いた。
2011.3.25 11時頃、であったが、拙宅の北側(日野市内の住宅地)で既に民家が炎上していた。
消防の各種車両があちこちから集積し、空からも報道ヘリコプターが乱舞 し、只事ならぬ異常事態に、近隣の居住者も一斉に
外に出て、立ち上がる煙の方向に目を見張る。
立ちのぼる黒煙は北風に煽られ、拙宅側に一面に広がっている。
被災地を取り囲むように消防車が、あちこちに止められ、既に放水ホースが被災地に敷かれ、パンパンに膨らんだホースに
送水されている様子が判る。重装備した消防士が被災地向かって懸命に走って、駆けつける。
被災地に到着し、目の前から黒煙が猛烈な勢いでに立ちのぼる。罹災者か近所の方か、愛犬を連れ、目の前の火災の勢いに
呆然と眺め、わん公の傍で、立ちすくみ、しゃがみ込んでしまっている。罹災者の一人か警官に連れ添われ誘導されている。
火種となった奥の家側に消防士が懸命に消火活動を行っている。
近隣で火災
トップへ 次へ>>
一括見積り