消防の歴史、江戸~現代

◇火事との戦い

家屋や財産が一瞬にして燃え、灰となってしまう恐ろしい火事は時代を越え、身近な所でも起こり得る。大切な
生命や財産を守るために消火活動を備えてきた。
火災は垣根を越えて燃えるものがあれば、どんどん燃え広がり甚大な被害を被る。迅速な消火活動が工夫を
凝らし、周辺の技術の発展を背景に消火設備もどんどん近代化された。江戸の火消しから始まり、ヘリコプター
まで登場する近代消防の変遷を東京消防庁の消防博物館で見てきた。

目の前でメラメラと真っ赤な火炎を上げながらが近所の民家の二階から出火し、真っ赤な火勢は勢いを増し、
瓦越しに白煙を上げ、どんどん燃え広がる。家屋の内外から放水し消防隊員の懸命な消火活動が行われている。
時代を越えて、何時でも身の回りで、火災は起こり、忽ち家屋を火の海に呑み込んでいく。火事との戦いは
永遠のテーマであろう。

一括見積り
トップへ  次へ>>