台風 45m/s の爪痕
『大きいのが来るぞ~、来るぞ~』
超大型台風の襲来と、はやし立てるマスコミ報道に注意を怠らず、警戒するのは当たり前であるが、多少驚かされ
ていた。TVでは 既に西の方では既に50M/Sを越える瞬間最大風速を記録している。
街中では爆風でなぎ倒される木々の姿や傘も、烈風に煽られ、開かれず、吹き飛ばされ倒れんばかりの歩行者の
姿がTVに映し出され、恐怖感をあおられる。
そんな最中、毎度のことながら、ヘルメットを被り、雨合羽姿の突撃隊の出で立ちのレポーターが、最前線で懸命に
立ち向かっている。激しい雨風の中や、目の前の高波が襲いかかる海岸縁で危険を犯して身を晒し、歯を食いしば
ってマイクで目の前の状況を伝えメモを読む姿に、視聴者は煽り立てられる。
しかし、危険を省みずに此処まで身を晒してまでの報道に果たして何の意味があるのだろうか・・・。生生しいリアル
な現場を流し、画像を通して視聴率上昇効果を狙っているのでは穿った見方が浮かんでくる。

「関東地方もエネルギーを保ったまま襲来する」 外出は控える様に警告されていた。
画像は既に東北を抜け出し、太平洋上に目が移っているが、時間軸を戻し、台風の奇跡を見る。
台風は遥か南方沖から九州辺りで進路を、北東方向に変身、エネルギーをたっぷり蓄え紀井半島に上陸し
そのまま本土を縦断、首都圏をかすめ信州方面から東北方面に進行している。
台風は本土を縦断し既に東北沖にあるものの気圧は970hpa,風速35m/sのエネルギを持っている。

◇台風の目は本土縦断の最悪コース

一括見積り
トップへ  次へ>>