台風45m/s の爪痕ー2
24号、大型台風の襲来は衝撃的、轟音を伴う未明の通過は眠れなかった一夜で、生々しい爪痕は既に此処HPでも
報じた通りである。
その嵐の襲来も時間の経過から記憶の中から徐々に薄れてしまったが、しかし1カ月経っても未だ手つかずで生生しい
爪痕は残されていることに巡り合い、再びあの恐怖が蘇った。

台風災禍に2回も報じることに、いささか戸惑いもあるが、敢えて取り上げることに如何に凄かったかを改めて再認識
した。

神明野鳥の森公園

黒川公園

僅かにJR中央線の車両の姿

その壁となる、丘陵地帯の広大な緑地の散策路で自然と触れ合える環境にある。森林伝いに写真の左手が先に災禍
を紹介した「黒川公園」 である。その森林地帯が繋がる、右手が『神明野鳥の森公園』である。
両方とも名前が公園であるが、「黒川公園」 は段丘の上下を結ぶ 生活道路でもあり、倒木に被害は素早く修復された。
一方『神明野鳥の森公園』は名前の如く、自然を楽しむ散策専用で趣の異なる二つの公園で、後者の神明側はかなり
放置されてあった。
黒川側の現場状況は前回、台風 45m/s の爪痕で紹介されているが、此処では『神明野鳥の森公園』を紹介する。

神明野鳥の森公園

住まいの環境はJR中央線が東西を走り、それを跨ぐように地図上では緑色の部分が高さ10数M余りの段丘地帯が
壁のようになって延々と繋がっている。
その段丘地帯は斜面となり樹木が覆われ、散策路など鳥のさえずりの中、自然を確かめられる、素敵な場所である。
地形的には段丘部分が壁になって、矢印のように台風がもろに当たり、風速45M/Sのエネルギーが樹木を倒して
いった。

一括見積り

◇壁になった丘陵地帯

黒川公園

◇丘陵を俯瞰してみる

トップへ  次へ>>