六地蔵を演出する閻魔様
トップへ 次へ>>
特に気負うことなく、世の流れに逆らうことなく、凡々の毎日に、歳を重ねてしまった。
散々悪行を繰り返す、我が身に、今更振り返ることも無いが、そろそろお迎えの時期に、『六道銭』の備えもしなけ
ればと思い立つ今日この頃である。
かって、都心に住む幼少のおり、素行面で親に迷惑をかけた覚えないが、親に連れて行かれ、怖い顔をした閻魔様
に対面した。面前で「嘘をつくと舌を抜かれる」と、言う触れ回しに、怯え、子供心に、恐怖心を植えつけられていた。
以来、決して順風とは言い難い人生の中で、誰しも同じように艱難辛苦の世界を歩んできた。威圧的で烈火に怒る、
鬼との遭遇は身の回りで何度か起こり、小心者の心に深く、突き刺さった。
身から出た錆は出来れば回避したいと、本能が働くが、ある日突然襲うものは、避けようもない。
この世のものとは思えない形相に決して忘れることはない『閻魔様』が思い起こされる

やがて迎える仏の世界、誰しも避けて通れない『六地蔵』って何んだろうか?
閻魔様を見に行けば、その仮想空間の世界を演出した場面が、リアルに見ることが出来る。
身近な地蔵さん含め、『六地蔵』の世界を描いて見た。
◇我が身を振り帰る

とっくりから、微かな湯気が、立ち上る。
ゆっくり温まる日本酒も人肌の呑み加減だろうか
漂う、日本酒の香気に包まれ、しばし、時が止まり
しばし、幻想の世界に入って見よう。

一括見積り