トップへ 次へ>>
一括見積り

老朽車は今日も走る

タイヤ 交換
これは劣化が進みひび割れがリアルに現れている事例である。系年劣化以外に、タイヤの汚染放置、直射日光が当たる
場所での長時間放置など、ゴムが硬化するとも言われている。(写真は参考事例)
人間様の老化は顔のしわ 「随分年取ったね~」と顔の張りで、衰えを感じる。タイヤの場合、側面は薄く、内圧が常にかかる
のでしわの部分から、 バーストの引き金にもなりうる。
走行に関わりなく、くるべきものは自然とやってくる。

余り走っていないこともあって、タイヤ接地部分のグリッドはさほど、すり減っていない。しかしこのタイヤの誕生が、表記
の通り2007年で10年を経過しており、タイヤの側面にひびが広がっており、経年劣化が進んでいることが、素人でも判る。
車を乗る、乗らないにも関わらず、タイヤの経年劣化は確実に進んでいることが判る。目で見える劣化事実に躊躇してい
たタイヤ交換に踏ん切りがついた。

◇タイヤの劣化

筋上のひびが広がって
いる

タイヤの誕生年は
2007年、第5周目
と表記されている。

便利な足替わりに、ついつい頼ってしまう愛車「プリメーラ」は持ち主同様、老齢化しているが、快適に走っている。
公道を走り続けるために 、法定で定められた機能・性能が維持されているか、定期的に検査する車検を受け、認証
を貰わなければならない。
'17年6月に検査を受け、何とかお墨付きを貰ったが、タイヤが老朽化しており、今回は検査を通ったが、早い時期に
タイヤの交換を勧められた。
しかし、タイヤの交換は60K以上の高額で、貧乏人には重い々々出費で中々踏ん切りが付かなかった。しかし、突然
のバーストから、悲惨な事故は招かないとも、限らず、リスクを背負った走行は、続けられないと、遂に交換に決断した。

(劣化が進むと、はっきりしわが)