立山・黒部の旅
「クロヨン」に寄せられ
紅葉の秋、何処かえ行きたいと思って幾つか候補があったが
その中でふと、目に止まったのが、立山黒部アルペンルートであった。
人をも寄せ付けぬ、険しい黒部の秘境に挑み、類を見ない自然との
戦う、難工事を克服して歴史的な施設である「クロヨン」を作り上げて
しまった。
その難工事はプロジェクトXでも放映され、自然に戦う人間の姿が感動
を呼んだ。
「クロヨン」完成により、観光地としても生かされ、その秘境の世界に容易
に入ることが出来る様になった。
人類の偉業でもある、その施設に乗せられ、その秘境の世界に浸り、
自然の雄大さと美しさを求め、近畿日本ツーリストの企画に参加した。
立山・黒部の位置
黒部は日本でも有数な3000M級の飛騨山脈系の山に囲まれ、
急峻なる地形と冬は想像を絶する降雪など自然の中に包まれ
黒部秘境と言われる位の場所である。
山からの豊富な水源は黒部湖で蓄えられ、黒部川として、日本海
に通じている。
この自然な水脈のエネルギーを使い、「クロヨン」に代表される
幾つかの水力発電所が、貴重な電力を供給されると共に、建設で生まれた施設がそのまま観光地として利用されている。
詳細地図にある通り、第1日目は宇奈月から、黒部川の渓谷を遡る
トロッコに乗って、渓谷美を楽しんみ、富山側に宿泊した。
第2日目は富山側の立山駅からアルペンルートを幾種の乗り物を
乗り継ぎ、海抜 2450Mの立山室堂を登り、扇沢経由で長野側に
抜けた。
トップへ 次へ>>
ホームページ