激闘給付金オンライン申請

マイナンバーカードの電子証明書をICカードリーダライタを通してPCのドライバーで読み込み、インターネットを通じて
行政機関に送り、記録確認するだけである。
既に登録されたマイナンバカードは手もとにある。
今回はICカードーダライタを購入し、それを読み込むPCのドライバーソフトをインストールし、一連の確認を実施する。
この環境が出来た暁に、定額給付金の申請を行うのである。
たった此れだけのことで、手こずることはなかろうと思っていたのが、とっかかり前の偽らざる所であった。

トップヘ 次へ>>

新形コロナ蔓延で人・物・金の流強制的に止められた。輩の処も歴史観光施設が閉鎖され、唯一の活動場所を
失い、微かな収入も断たれた。
救援策として国が特別定額給付金の配付を打ち出し、各地方自治体の市役所から支払いが決まった。
申請手続きはオンライン申請か現金書留か決まり、人出の煩わしさ、早さを含めオンライン申請を推奨した。
これに乗り、オンライン申請に準備を進め、何とか申請にこぎつけた。
しかし、思わぬ落とし穴に遭遇し、人縄筋に行かないことを自ら体感した。
この苦い体験を踏まえ、オンライン申請まで辿り着くまでの、経過を含め整理してみた。

◇システム構成と一連のデータの流れ