□日帰り人間ドックで検診
某月某日、日帰り人間ドックで検診してみる。
会社勤めであると、事業者が働くにたる十分な健康体であるか、定期検診があるが、
それを卒業すると、健康管理は全くの自己管理・自己責任になる。
毎年行政から診断の案内がくるが、ただで見てくれる。
但し、年老いてくると、色々機械疲労しているので、色々なところでガタが来ている。
余命いくばくと、くたばればそれで良しとするが、現世に未練があれば、多少の金をはたいて
も、綻びを幅広く見て貰う。
そんなことで、ただの検診より、腹部のエコー検査や前立腺がん検査など、多少の検査項目も
増えている。
「 地獄の沙汰も金次第」地獄の裁判でも金力で自由に出来るという、金力万能の話(広辞苑より)ではないが、
地獄へ向かうための先行投資と思えばとの甘い打算から、多少の散財をはたいて話題のPET検査を数年前
一度受けてみた。
PET検査はブドウ糖に微量な放射線を加えたものを血管に入れ、放出する放射線を特殊カメラで、全身を捕え
癌を発見する。
小さな癌をも捕え、見逃さないと言う、優れ物の究極の検査設備であるが、大型な施設が必要であり、受診者が
応分の負担が必要であり、他の検査を含め、1度の検査料がおおよそ20万円近く、かかり大変高い。
しかも、機械にも得手、不得手があり、肺、甲状腺、大腸は優れているが、前立腺、腎臓、肝臓は見つけにくいよう
で、万能ではないようである。
さて、まな板のこい、どうなる結果が診断されるやら、大型マシンに身を任せ、洞窟状の機械の中に吸い込まれ
ていった。
結果は色々疑わしい部位は見つかったものの、精密検査までの必要は幸いになかった。
受診以降、良いお客さんの一人として毎年、ご案内は頂いているが、貧乏人には続けられる、資金力はなく見過
ごしてしまっている。
一方では健康に自信を持たれる方が念のために試しにと受けたら、癌細胞が見つかり、泣きながら帰ってきたとか、
早期発見であったが、以降の治癒結果に果たした役割、効果はどうであったか、判らないが、色々話題を抱え
ているPET検査である。
◇金か健康かPET検査(余談)
地獄の沙汰も金次第
トップヘ 次へ>>
google