□チョルマ(鉄馬)は走る
韓国では汽車を馬に例えて「鉄馬」と言う。
かっての鉄馬は朝鮮半島を自由に走り回った。
第二次世界大戦後、北緯38度線を境に南北に分かれて独立する。
1950年北朝鮮が38度線を越えて越境し、朝鮮戦争が勃発する。
1953年に休戦に入り板門店が唯一の調整の接点となっている。
その間秘密トンネルを掘ったり、テボトンを飛ばしたり、核爆弾の実験など
好き放題にやりまくる北の侵略姿勢が溶けないままきな臭い緊張状態
が続いている。一方では米ロ含め隣接国とも併せ、核放棄の対話を根気
よく続けられている。
そのフィールドが、厚い壁に閉ざされ、グレーゾーンとして半世紀余り経過
するが、南北の和解も見えないまま、南北統一の悲願を背負って、かって
の鉄馬を走らせることになった。
「歴史が再び平和にむけて大きく踏み出す契機になる」と人気取りに
躍起になっている盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は強調しているが、果た
して、その馬場での走りっぷりはどうであったか・・・。
丁度、ソウルに行き、その鉄馬のフィールドとなる京義線近くに、鉄馬の
歴史的な走りッ振りを捉えようとTV放映車両が居あわせたのも何かの
めぐりあわせであった。
トップへ 次へ>>
google