樹木パワーに翻弄される

□身近に起きた不気味な地殻変動

一括見積り
忘れもしない2011年3月11日東日本大地震は恐怖に陥れられる衝撃的な天災であった。
多摩地域では専門家筋の見解から「立川断層」の存在を指摘されており、ことあるごとに取り上げられ
不気味な存在である。地下に潜った「立川断層」のエネルギーが何時地殻変動を起こし、ライフライン
に影響を及ぼすか、多発する地震に心配の種はつきない。
そんな矢先、我が家の庭先のコンクリート部分が不自然な隆起が起き、コンクリートの表面がパリンと
割れると言う奇々怪々な現象が現れた。
この隆起が、どんどん成長し、建物の基礎にまで及ぼし、建物の傾斜、崩壊にも繋がるのではと心配事
はどんどん膨らんでしまう。
すわ、これぞ「立川断層」の片割れかと、一瞬不吉な予感さえ覚えた。たかだか地面のコンクリートが
割れ、地殻内部が覗かれても、余り大げさではなかろうかとは一方では思える。

専門家に見てもらえれば一発で、判るであろうが、その原因究明に駆り立てられ、無謀にもその割れた
コンクリートを剥がし、下部を掘り起こしてみた。

庭先のコンクリートが隆起し、割れてしまい段差が生まれた。

トップへ  次へ>>