危うく倒木激突事故に!!
数日前から大型の台風が来るぞ来るぞと囃し立てられ、首都綱の交通機関が全面的に止まってしまい、
大混乱となった。
未明に関東に暴風域に入った台風15号は、今朝2019年9月9日(月)午前6時ごろ千葉方向へ抜け関東
から遠ざかっていった。
通過地域になる、横浜、千葉の海岸地域はかなりの爪痕を遺した。.
特に今回は風による被害が大きく、市街から離れた山中にある送電塔の倒壊などで、インフラの大事な
送電系が絶たれ市街地での停電が発生、その復旧の見通しが立たないなど深刻な状態にある。
暴風雨圏から、まともに進路でなかったのか、多摩地域でもは幸いにして大した事は無かったようであった。

しかし、台風一過、周辺の樹木は大きく揺れ動き、樹木が飛び散り、やはり大きな爪痕を遺して行った。
折しも、翌日の朝はなんでも無かった道沿いの桜の木が昼過ぎ、突如倒れ、たまたま通りかかった、軽自動
車を襲い、押しつぶしてしまった。

同じ道を輩が事故直後に通りかかり、危うく事故に遭遇するところであった。おそらく5~10分の差から、
倒木激突事件から免れた。普段の走行を含め、現場付近の状況を追ってみた。
トップへ  次へ>>