道具、仕掛けを決める間、乗合船に乗るまで
此処の釣船屋でスタンバイする。
所狭しに壁に張られれたでっかな魚拓に
目を見晴らせ、ポテンシャルが勝手に上がる。

『道具ok,仕掛けok,餌ok』
『さーていよいよ乗船』
朝3時起きと言っても、高まる興奮に殆ど寝てない、何年ぶりかで茅ヶ崎から相模湾へ海釣に出かける。
"寝不足=船酔い" 久しぶりの外海に、船酔いは自信が無く、途中のコンビニで酔いどめとして胃腸薬を飲んで出陣した。
まあ、それ程、弱くはないが、一度、不覚にも、相模湾場で苦い撒き餌をやってしまったので、念の為に防備したが、その
効果か当日は何もなかった。

「ちきしょうなんてこったい」夜来から明け方にかけて激しい雨が、降りやまず、時折車のフロントガラスに激しく音を立てる。
5時40分茅ヶ崎着、のつり船屋では未だ暗いのに、釣きちが長靴に雨合羽姿で賑わいを見せている。
駐車場は雨のため、ゆるゆるにぬかるんでいる。

「オオーラッキイ」時間と共に明るくなり、雲がドンドン切れて、晴れ間が広がる。
何とも神の恵み、この晴れ舞台を演出してくれるように、天気は良くなっていく。
漁場を目指し、行き交う釣り舟が、群れをなし相模湾上を駆けめぐる。
漁場目指す間、未だ戦いに入る間までの間、余裕でデジカメを持ちながら、狭い艇内を走り回る。
無念無想で仕掛けの前で静かに構える仲間の前で一人船上ではしゃぐのはじじいのみ。
バラバラと乗船、特に意識無く船尾側に陣を構えた。
片側6〜7人、余り寄りすぎると、直ぐにお隣同士で仕掛けのお祭り、程よい間隔であった。
乗船間もなく、出航、いきなりエンジン全開。「早い早い」下手側はご覧のようなしぶきをもろに浴びながら漁場を目指す。
幹事の采配で我々の13人の仲間で高性能レーダー付、高速艇一隻をチャーターした。
さて、狙い目は幹事のご案内では"わらさ"であったが、漁師曰く、最近の漁場から、ここんところわらさは余りぱっとしない
漁果にお勧め出来ず"メジマグロ"に変わった。
釣り舟も商売、釣客に当初から、薄物狙いの坊主は敢えてお勧めせず、堅い狙い目で良心的に指示してくれる。
プロのコメントは絶対、あっさりと狙い目は変わってしまう。
狙い目が決まれば仕掛けと餌が決まる。
□さて狙い目は
□爆走する高速艇
トップへ 次へ>>
□相模湾沖釣、04年 秋釣紀行
google