ソウルから東に山岳地帯を抜け朝鮮半島を横断し、慶州まで通じる「中央線」がある。その「中央線」の始点ソウルの「清涼里」駅から
約150qの所に「堤川(ジェチョン」駅があり、更に「太白線」に乗り換え13qの所が赴任先の「立石里(イプソプリ)」である。
「堤川市」は、韓国では最も内陸にある都市で、最も冬の冷え込みが厳しい地域である。「立石里」はその「堤川市」に属する一寒村で
ある。「立石里」は地図上から半島の中央部、東西に走る「車嶺(ちゃりょん)山脈を控える場所にある。
東側に進むと東海岸に出るが。その海岸沿いに太白山脈が1000mクラスの山々を要し、山脈の一端は北朝鮮側にも連なる大きな山脈
である。
スライド写真のフィルムは1、2回程見たような記憶があるが、そのまま2階の屋根裏にしまい込んで、そのまま眠ったままであった。
フイルムスキャナーを購入を機会に、画像を取り出してみたが、保存状態が悪く、フイルムにかびが発生しており、画像が汚染され
ていた。それでも画像の世界は如何なるものであったか好奇心が覚めやらづ、1枚、1枚根気よくのスキャナーにかけてみた。未だ
黒髪豊かで、テカテカに、輝いている、ン十年前の韓国赴任時代に、好奇心に赴くまま特別な環境に取りまくった画像が実に新鮮に
目に焼きついた。残された画像に注釈がなく、"何処で"と言う、繋がりは怪しい記憶に置き換えるのは難しくなったが、それでも9割
方は想定出来る。
画像主体に当時の世界をたどり、タイムスリップしてみる。これに類する記事は当サイトの韓国プラント建設回想記 に日記風に記載され
ているが、此処では、画像主体に追ってみる。
◇その赴任先「立石里(イプソプリ)」とは
◇ン十年前の世界をタイムスリップする
トップヘ 次へ>>
はるか遠き韓国生活
ファミコン