□植木屋さん
ねこの額のような庭にびっしりと植木が植わっており、その刈り込みは結構大変である。
引っ越した当初(約30年前)はもっと植木があったが、夏椿・金木犀他数本は大胆に切り落とし間引きしているが、
ご覧の通り賑やかな枝振りである。
□我が家は誉れ高い植木職人
植木屋と言えば親父は爺様の代から続く典型的職人気質の植木職人であった。
子供心に雨の日以外は休み無く働く親父の姿に何て不幸な職業とも思え、兄弟誰も継ぐものは居なかった。
その親父が未だ元気であったころ、我が家に来た時にの植え込みを見て「刈り込みは新芽が出たらすぐ摘め」
と言われた事を鮮明に覚えいるが、その伝来の技を教わる前に亡くなってしまった。
プロに頼めば良いのに、何も技術伝承されてないのに親父の天職を守ろうと思って年に最低2回は梯子をかけ
自らはさみを入れている。
一切教わらずに無手勝流であり、刈り込み後の姿は見栄えの良い形に納まっていないが、親父譲りの血筋が
植木如きは己の手でと毎年の恒例行事の大事な仕事と思っている。
刈り込み後の「ひば」
ひばは全部で6本。1本単位の柄が大きく頂部から、全体を柔らかな丸みを付けて
刈り込むのは大変な作業である。
トップヘ 次へ>>
google