高齢者運転講習

足回りに使われる便利な輸送手段も、一歩間違えれば
こんな悲惨な目になることも

すわっ!! 警視庁から、赤紙に非ず赤書き通知が届けられると、表看板に過剰に反応したが
良く見ると免許証更新の講習案内であった。

『突如、正面から向かって来る車が来たらどうしよう』目を疑う高速道路の逆走事件など、信じたくない事件が現実として
起きており、生生しい破損車体が、時々メディアを通して流される。あり得ぬことが現実として起きており、こうした事例に
高齢者が多いと言う事実に、同じハンドルを持つ、身として無関心では済まされない。
高齢化に伴う、肉体や思考判断能力の劣化から、果たして車を運転する能力を持っているのか、免許証の更新時、教
習所で講習の名を元に認知症など機能評価される。
この講習を受講後、初めて免許証の更新の手続きが可能となる。
さて、身の回りに起きた変化は果たして認知なのであろうか?
実際の講習はどんなものか、実際に体験した内容を触れてみた。
トップへ 次へ>>
一括見積り

頻繁に起きている大きな事故はあちこちで生まれ、店に突入した車両や事故直前の暴走する姿を生生しく、メディアで
連日報道されている。
それぞれ事故の要因は『麻薬』、『酒酔い』、『先手的な病気』『過労』など、年齢に関係なく起きている。一方では単純
な操作ミスや判断ミス、など加害者が高齢者に多い傾向と言われている。