海に囲まれた、三浦半島東南端に位置する場所に広大な敷地の防衛大があり、普段ベールに閉ざされた
聖地にある。一般市民にも解放される「開校祭」を見学してきた。
都心から遥か離れ京浜急行の終点浦賀駅の一つ手前馬堀海岸からバス乗り継ぎで防衛大に到着する。
国を守る、志をもった若き精鋭の男女が、ベールに包まれ、外部とはほぼ閉ざされた世界で幹部候補生
として磨がかれ、各地に育っていく。

こんな奥地にも拘らず、帝国海軍・陸軍時代からの伝統を守った古風なな儀礼式や一方では組織集団での
壮烈な「棒倒し」の闘いが静かな人気を呼び、2日間で2万人近くも訪れる。
この大量な人渦の移動に乗車待ちの行列とバスのピストン輸送に、その混雑振りに、半島先端が豹変する。
防衛大の敷地内の様子と其処で行われた「開校祭」、中でも「棒倒し」が何故これほど、人々が沸くのかを
追ってみたい。

*景勝地として猿島はの防衛大から地図上、こんな
位置関係にある。東京湾上に浮かぶその姿を敷地から
捉えてみる。(次頁で紹介)

防衛大学「開校祭」
トップへ  次へ>>
一括見積り