灼熱の中ベランダの修復工事
建築後数十年を経過する老朽家屋も、あちこちで歪が生まれる。今年(2020年)の6月、7月は降雨が多く、しかも風を伴う雨
であった。
吹き付ける激しい降雨に2階のベランダデッキで雨水が排水ピットに流れきれず、一部はデッキ上を家の壁側に流れ、隙間
から激しく漏れてきた。
ベランダ下は跳ねた飛沫が飛散し、雨だれの洗礼を浴び、その飛沫が壁、窓に飛び、後始末に追われた。
こんな風雨の洗礼に何とかしなければいけないなあと思っていた
トップヘ 次へ>>
今年(2020年)は梅雨が何時になく長く、お天道様の姿を見たのは7月一杯に及び日照不足から、野菜が軒並み高騰した。
梅雨明け後、今度は異常な暑さに見舞われ、浜松始め各地で40℃越えも記録している。
折しもコロナ禍で3密回避で、外出を控え、この暑さに冷房をかけず、熱中症などで亡くなる犠牲者も多い。
コロナで怯え、身構えているところ、熱中症の洗礼と、息が詰まるような不純な毎日である。
◇雨だれの洗礼